マイペースでいい!「仕事ができる人」が適当に手を抜いてるワケ

できる人は程々に手を抜きマイペースで仕事を行っているようです。その理由についてご説明します。

■仕事ができるようになりたい…誰もが持つ願望です

仕事できるようになりたい、全分野の知識を身に着けてなんでもできる存在感のあるでかい人間になりたい、それと同時にノウハウは全部外に出して突然消えても問題のないようにしたい、私が二人必要だなこれ

早く仕事できるようになりたい…

でも、焦ったらいかん。

昨日少しあみぐるみ作れて、嬉しかった…♪*゚

仕事ノーミスでめっちゃできるようになりたいし、資格も取りたいし、サッカーもうまくなりたいし、ピアノも弾けるようになりてえ~~~~ダンディな感じになりてえ~~~

あーもっと仕事できる男になりたい笑

他の追随を許さない圧倒的に仕事ができる男になりたい

■そんな「できる人間」になるためには「適当に手を抜く」ことが大事みたい

「ルール」や「常識」に従ったままでいいのでしょうか。人間関係に気をつかって「お人よし」を演じていれば、心はどんどん疲弊していきます

仕事は、他人に任せられるものは任せて、「適当」にやるくらいがちょうどいい

適当な人は余分な気遣いや、必要のない感覚を自らそぎ落としています。そして、重要な点だけは必ずそぎ落としません。むしろ、重要な点にのみ時間や労力を使います

■余裕を持って仕事することが「いい結果」を生む

「現状をこなすこと」に精一杯になってしまうことは、現代社会において、何よりも避けなければいけないこと

ここにある仕事だけをこなす日々が続くと、「1年先、2年先、10年先を見据えた仕事」ができなくなってしまいます

結果的にわたし自身の気持ちの余裕につながり、余裕ができたおかげで細かいことへの目配りもできるように

■「余力」を残すことがいざという時に繋がり、更に心身を健全に保つ

人間関係や仕事環境などを気にするようになれば、改善のために頑張り過ぎてしまい、また心理的に追いつめられて、人生に疲れてしまい、生きることが辛く思ってしまう

さじ加減を知っているということは、常にそれなりの頑張り方ができる証拠といえます。体力を温存しながら、日々を過ごしているから

新規プロジェクトを企画立案したり、ステップアップのための勉強をしたりと、予定に追われていてはなかなかできないことに着手できる

■余裕があると自分でスケジュールを組むことができる

指示された仕事をこなすだけのために時間を使うのではなく、自分がやるべきことを考え、その実現のために予定を組んでいく

能動的なタイムマネジメントをしていなければ、それは時間に押し流されていることになります。そうなると、仕事を楽しいと感じることができず、ストレスも溜まります。

重要な仕事を遂行するためには、主体的に使えるまとまった時間、つまり白いままのスケジュール欄を確保しなければならない

主体的に動ける予定を組むということが大事になります。

■余裕がある仕事ぶりは周囲の人間をリラックスさせる

「適度に力が抜けている人」というのは、周りにもよい影響を及ぼします。人は身近にいる人の影響を受けやすいもの。

適当な人が心にゆとりを持っている姿を周囲の人が見て、力を抜くべきときは抜くという仕事方法が効率が良いと気付く

数多くの研究で、ストレスや残業を減らし、リラックスしてこそ創造性が発揮されることが証明されている。

■職場におけるリラックス効果は科学的に証明されている

ねこ社員が自由に歩き回る“会議”は、リラックス効果を与えるだけでなく、その気ままな振る舞いに影響されて、反対意見や自由な発想が生まれる「すごい会議」になる可能性が高い

気持ちをリラックスさせて仕事に取り組める環境であれば、ストレスも減り、長く働いていける

暑すぎたり、寒すぎたり、汚れていたり、不自然な姿勢等の身体に負担がかかる作業であったり、人間関係が良くない場合には、その人にとって不幸であるだけでなく、生産性の面からも能率の低下をきたします。

■仕事とは「長い付き合い」をしていかなくてはならない。程々に手を抜くことが大事

一定の期間なら、全力を出すこともできる。しかし仕事とは、長い付き合いをしていくもの。ほどよく手を抜く方法を覚えて途中で息切れをしないのも、自分を守る方法のひとつと言える。

重要なのは「患者さんやスタッフに何の影響もでないところ」で手を抜くこと。何でも完璧にやろうとしないように、常に意識しておくのがポイント

適度にリラックスしながら仕事にメリハリをつけること。無理はしていないけどきちんと結果は残す、そんな状態に持っていくことがベスト

自身のパフォーマンスを上げて、思うような結果を残すには、普段から適度に肩の力を抜き、心にゆとりを持って働くことが大切