実践すべし!「2時間前出社」は高収入を得るための基本中の基本

2時間前に出社するのは高収入を得るためには必須のようです。なぜ高収入に繋がるのでしょうか?

■収入をアップさせたい

「大富豪になりたい!」とまではいかなくても、「収入を増やしたい」なら誰しも思ったことがあるはず。

「もう少し年収を上げたい!どうしたら年収は上がるんだろう?」そんなことを考えて、色々検索している人はかなりいます。

「給料を上げたい」と思っていても、なかなか上がらないというあなた。そもそも、給料を上げるには何をすればいいのか

■そんな願望を叶えてくれるかもしれない方法の一つとして「2時間前出社」がある

誰もやっていない「年収1億円の習慣」を、 あなたが身につけさえすれば、年収1億円は、実現可能

6時に出社し、仕事の準備をしています。周囲の人が出社する頃には準備が終わっている。この差は圧倒的です。営業で差がつくのは、準備

■いったいなぜ2時間前出社が収入アップに繋がるのか?

年収400万円未満では朝型が「3割程度」であるのに対し、年収1400万円以上では「6割以上」が朝型

自分だけの時間として落ち着いて過ごすことができます。コーヒーを淹れる ゆっくりとトイレに行く 日経新聞を読む 1日のスケジュールを確認する メールチェックし、その日の対応案件について確認する タスクの優先順位をつける

朝なら、誰にも邪魔されないので、仕事に集中できます。朝は仕事がはかどるため、実感として、「始業前の1時間は日中の4時間に匹敵」する

■朝は理性的に考えることができる。それを利用することができる

夜は感情が高まりやすく、朝は理性的になる傾向にあります。

朝は理性的な会話ができますから、スタッフに注意を与えるときは、必ず「朝」の時間帯を選んでいます。きつく叱ったとしても、その日1日かけてフォローすることができる

感情的にならないので対人関係がよりスムーズになります。

生産性を上げるには、タイムマネジメントが欠かせません。毎朝6時に起きてスケジュールを確認し、優先順位をつけ、タスクごとに時間を区切る。

朝は冷静に考えられるのでスケジュール管理に向いています。

■更に、人間関係の構築にも繋がる

仕事上で関わることが少ない上司の上司とインフォーマルな場で仲良くなれる・覚えてもらえる

朝早く出社している偉い人と仲良くなることができます。

クライアントは大半が経営者で、ビジネスマンだから朝型人間です。彼らの相手をするなら、さらに一歩先の早朝に手を打っておかなければならない。

経営者の大半は朝方です。当然、早起き同士、接点が生まれやすくなります。

どんなに忙しい人でも、朝なら基本的にヒマじゃないですか。だから、普段はなかなか会えないような人にも会える

■より濃密な時間を過ごすことができる

誰にも邪魔されないので、仕事に集中できます。朝は仕事がはかどるため、実感として、「始業前の1時間は日中の4時間に匹敵」する感

頭がさえているせいか、いいアイデアも次々と湧いてきて、それをメモに取って後で役立てられる。それに、早起きは営業でも有利で、クライアントに朝一番で連絡を取ると、「あの法律事務所は朝早くから仕事をしている」と信用してもらえる

大事なタスクを必ず8時前までには終わらせれば、達成感を感じると共に、1日に余裕ができます。さらに、タスクを先に片付けておくことで、ストレスや不安も減る

■また、周囲から「やる気のある奴だ」と思ってもらえる

「始業時間ギリギリ」に来る新入社員に対する、あなたの考えに近いのは?アリ……27.2% ナシ……72.8%

偉い人たちから、「おっ、はやいな!頑張ってるね」なんて声を掛けられることが多くなりました

■満員電車や渋滞にも悩まされなくて済む

始業時間が午前8時50分。しかし、その時間に出社を合わせると、あの大嫌いな通勤ラッシュに当たってしまいます。そこで自主的に早出をして、朝の混雑を回避することに

ピーク時の満員電車に乗るのはそれだけで体力を消耗してしまうが、早朝の空いている電車ならば悠々と座ることができ、その時間を有効活用して、読書や資格試験の勉強に充てることもできる

車両が空いていて座席に座れると、体がとても楽です。普段の通勤時間だと、混雑して基本は座ることは出来ません。座って出社できるだけで、肉体的にも精神的にもストレスフリー

■実際に早く出勤するようになって変わったという人の声

1週間早寝早起きを実践して
メリット
・出勤までに余裕ができる
・出勤するまでに目が完全に覚めてる
・日中眠くならない
デメリット
・夜の時間が減る
・3日目くらいから10時過ぎるとめっちゃ眠くなる
・月曜から夜更かし見逃した

おはようございます。
今日は仕事は休みにしよう。
朝方生活に切り替えたら人生変わった。

基本5時起きを徹底しています。夜遅いより、早起きの方が気持ちいいのは間違いない!

【年収1億円の習慣】「2時間前出社」は、億万長者の基本中の基本 | 年収1億円になる人の習慣 | ダイヤモンド・オンライン diamond.jp/articles/-/180…

年収1億なんて何の業種かと思って読んだら美容師だった。 出社する必要があるかは分からないけど、早起きは間違いなくいい。 情報収集にあててる。

diamond.jp/articles/-/180…

朝早く起きる事のメリットは大きい。前職でも仕事できる上司は一番に会社来てたな。成績で1番を取れない人でも出社時間で1番を取れる!#朝活 #マインド #早起き#早起きは三文の徳 / 【年収1億円の習慣】… #NewsPicks diamond.jp/articles/-/180…

■睡眠時間を削ってまで行う必要はありませんが、興味がある人はぜひ!

考え方が変わると、行動が変わる。行動が変わると、考え方が変わる。これはイコールです。次に、行動が変わると、習慣が変わる。習慣が変わると人格が変わる。人格が変わると、運も仕事もよくなります

フィンランドでの研究では夏時間への移行で睡眠効率(就寝時間に対する睡眠時間の割合)が10%低下したことを紹介している。

睡眠時間を削ってまで早起きする必要はありません。

健康への悪影響は、集中力低下や睡眠不足などにより仕事の効率低下や交通事故の増加などにもつながる。

睡眠時間を削ると逆にデメリットの方が大きくなります。早寝早起きの習慣を付けて、睡眠時間、質を今以上に高めることによりメリットを得ることができます。